マンションリフォーム・オーダーカーテン、インテリアのリヴィナダイニン


| マンションリフォーム | 内装リフォーム |

HI 邸 マンション内装工事(江東区)

「人の居場所は、家にいる時間が一番長い…」~快適を求めた家~


近年、20代~30代も自邸を持ちやすくなりました。
その多くは新築ではなく、中古物件を買い、300万~1000万ほどかけて、自分達流のリフォーム工事を行って住んでいます。その多くは中古マンションです。
マンションは躯体の柱や梁が多く、凸凹していますが、一戸建てと違い、住戸内部に外してはならない柱はありません。そのため、部屋と部屋の区切りを減らして、大空間にすることも可能です。
新築では12畳ほどのリビングがありますが、広いと思いますか?
そこへテレビやテーブル、イス、ソファを置いたら、それはとても“くつろぐ空間”とはいえません。
最近、子供達の事件・事故や教育問題に心を痛めることが多く、建物を扱う者として、何ができるかを考えて取り組んでいます。
リヴィナでは、子供室空間プランニングで、テレビは子供部屋に置かず、リビングのみに1台、可変可能な空間をコンセプトにしています。(3児の親として)
マンションでは、洋室が北側に配置されていることが多く、子供部屋として利用するケースも多いですが、玄関に近い場合、子供がいつ出かけ、いつ帰宅したかわからず、北側室は結露も多いため、生活上、心身上よくありません。


これからは、優雅に、自適に暮らしたい…。
3人の子供達を立派に育て上げた母親と、母親思いの子供達。
HI様との出会いは、息子さんの自宅にウィンドウトリートメントでお手伝いさせていただいたのがきっかけで、「今度、母親の住まいを綺麗に心地よくしてあげたい…」ということでスタートしました。
築25年、約100m2のマンション9階部分。眺望もよく、西南の角に位置して採光面も2面あり、明るく…と思ったら、5LDKのため壁が多く、キッチンや廊下、玄関が暗くなっていました。そのため、昼でも電灯をつけている状況です。
プランニングでは、寝室と和室は確保して、あとは大空間で快適にくつろぎ、趣味もエクササイズも可能な30畳ほどのリビングとし、昼間部に邪魔な梁もライティングプランの一部にし、スッキリと、どの居室も玄関、廊下も明るくすることにしました。





お問い合わせはこちら